足がクサくなる原因を知っていますか?目には見えない意外な正体とは

足がクサくなる原因を知っていますか?目には見えない意外な正体とは

 

足がクサい事に悩まれている人は本当に多いですよね!!人には中々言えない悩みですし、言ったところで解決するわけでもないですよね。

 

ただ、世間ではスメハラという言葉があったり、ニオイに対して敏感な環境となっています。一人ひとりがニオイに対して対策をしている事自体は良い事だと思います。

 

もちろん、やりすぎな人もいますのでその辺りは注意した方が良いと思います。

 

一方で、自分なりに消臭グッズを購入したり、靴下を定期的に変えたりする等、足のニオイに対して対策は行っているけれども効果が中々出ていない人もいるのも事実です。

 

では、なぜ効果が表れにくい人がいるのでしょうか?

 

それは、足がクサくなる原因を知ると分かるようになります。そこで、今回は足がクサくなる原因について調べてみました。

 

足がクサくなる原因とは?

結論から言うと足がクサくなる原因は、雑菌が足の角質や皮脂を分解する事でイソ吉草酸という物質を発生させることにあります。

 

ただ、雑菌自体が悪いのではなく、雑菌が増えすぎることに問題があるのです。皮膚常在菌と言って、皮膚を外部から守る働きのある菌であり、全ての人の足の存在しています。

 

ただ、毎日使う靴の中は、体温や足汗等により高温多湿になりがち、足の角質や皮脂等の汚れが溜まりやすい、皮膚が弱酸性という雑菌が増殖しやすい環境となっています。

 

どうすれば雑菌が繁殖しにくい環境となるの?

それは、雑菌が増殖しにくい環境を作ってあげることで解決する事が出来ます。

 

そこで、菌ピタ君の出番となるわけです。

 

菌ピタ君に含まれている備長竹炭が効果を発揮することで雑菌が増殖しにくい環境となります。

 

備長竹炭には目には見えない程無数の孔が空いていて、その孔に湿気や汚れ等を吸着してくれます。また、靴の中をアルカリ性にしてくれる働きもあるのです。

 

ですから、菌ピタ君自体が雑菌を増殖しにくい環境を作り出してくれるので、装着したその日から効果を実感する人が出てくるわけです。

 

さらに、、菌ピタ君のスゴイところが通常であれば吸着した湿気や汚れが全ての孔に塞がってしまったら効果が発揮されませんよね!?でも、天日干しすることで吸着した湿気や汚れを外に放出するので、半永久的に効果を得る事ができるのです。

 

消臭グッズを使用しても効果の表れないわけとは?

ここまで、読んでくださったあなたならご理解いただけたと思いますが、市販の消臭スプレーやデオドラントフットクリームを使っても効果が得られないのはどれも一時的な対処法にすぎないことにあります。

 

足のニオイの原因である雑菌が繁殖できない環境にすることで根本的な解決策に繋がっていくわけですね。原因が分かればあとはそれを一つ一つ解決していけば、明るい未来が待っていますよ。

 

雑菌が繁殖しにくい環境を作り、足のニオイに悩む日々から抜け出していきましょう^^