1日使った菌ピタ君を2日間連続で使ってみたら驚くべき結果が!?

1日使った菌ピタ君を2日間連続で使ってみたら驚くべき結果が!?

 

知っている人は知っている消臭インソール菌ピタ君。幅広い年代の方から愛用されている足のニオイ対策グッズの定番商品ですね!

 

この菌ピタ君には、備長竹炭が配合されています。この備長竹炭が足のニオイの原因に関係のある湿気や雑記のエサとなる皮脂や角質の汚れなどを吸着してくれます。

 

そのおかげで、雑菌の増殖を抑えて足のニオイに効果を発揮してくれるわけですね^^

 

そんな菌ピタ君ですが、1日使ったら休ませてあげなければならないというデメリットがあります。

 

なんで、1日使ったら2日間休ませてあげないといけないの?

菌ピタ君に配合されている備長竹炭は、湿気や汚れを吸着してくれる働きがある事は先ほど述べました。その吸着したものを天日干しや陰干しすることで外に放出する働きも持っています。

 

ですので、1日使用した菌ピタ君は2日間休ませてあげないと効果を持続的に発揮することが出来ないわけです。このようなデメリットがあるわけですが、裏を返せば備長竹炭の効果は半永久的に使えるというわけです。

 

菌ピタ君は消臭インソールで長く使い続ける事で糸のほつれや擦り切れたり、汚れたりする等消耗していくので、使い方や使用頻度により消耗の度合いが違ってきます。

 

2日間連続で菌ピタ君を使ってみたら!

持続的に効果を発揮させるに2日間休ませてあげないといけない菌ピタ君ですが、休ませずに使ったらどうなってしまうのか?疑問に思いませんか?

 

そこで、1日使った菌ピタ君を連続して2日間、つまり3日間連続で使用してみることにしました。

 

菌ピタ君実験1日目の結果

 

初日ですが、菌ピタ君はいつも通りに足のニオイを消臭してくれています。一番分かりやすいのが仕事から帰って靴を脱いだ時に靴や足のニオイを嗅いだ時ですよね!?

 

しっかりと休ませてあげた後なので、備長竹炭は頑張って足のニオイを消臭してくれています^^

 

明日、明後日の2日間が少し心配ですね!どんな結果になるのでしょうか?

 

菌ピタ君実験2日目の結果

菌ピタ君を履いている感じはいつも通りな感じです。履いている感じは特に変化は無かったですが、帰宅後に靴を脱いだ時に少し変化がありました。

 

足のニオイは消臭出来ていましたが、足ムレ感がありました。菌ピタ君を使ってからあまり感じた事が無かったので、湿気が吸収しきれなかったのでしょうか?湿度や気温等の外的要因もあると思いますが、菌ピタ君を休ませてあげていない影響が出てきたのではないかと思います。

 

菌ピタ君実験3日目の結果

3日間終了しましたが、結論から言いますと1日使った菌ピタ君は2日間しっかりと天日干しして休ませるべきです!!

 

仕事から帰宅後に脱いだ靴や足のニオイは残念ながら消臭しきれていませんでした。やはり、備長竹炭の効果に限界値が迫ってきたのではないかと思います。

 

正しい使用方法の通りに正しく使う事が一番菌ピタ君の効果を実感出来る事だし、長く使い続ける事が出来るわけですね。
必ず正しく菌ピタ君を使って足のニオイ対策をしていきましょう!