※厳禁※絶対にしてはいけない菌ピタ君の使用上の注意事項とは!?

※厳禁※絶対にしてはいけない菌ピタ君の使用上の注意事項とは!?

 

消臭インソールと言えば菌ピタ君の存在を忘れてはいけませんよね!?

 

私もいつもお世話になっているので、菌ピタ君は手ばせない存在になっています^^もし、菌ピタ君の存在が無くなってしまったら、人前で靴を脱ぐことが出来ないし、会議室や車の中といった密室的な空間で誰かと過ごす事を考えるとゾッとしてしまいます。

 

菌ピタ君の効果の源は備長竹炭にあるんですよね!!この備長竹炭が湿気や雑菌のエサとなっている角質や皮脂等を吸着してくれるので、雑菌の増殖を防ぐ役割を果たしているわけですね!

 

ただ、スゴイ効果を発揮してくれる備長竹炭ですが、デメリットもあるんです。それは、1回使用するごとに天日干ししてあげないと、持続的に効果を発揮し続ける事が出来ないのです。靴の中は数十分で湿度が100%になると言われるほど、高温多湿な環境です。

 

その高温多湿な環境に1日さらされているわけですので、吸着した湿気を外に放出してあげなければならないのです。ただ、その湿気を取り除くための乾燥方法を間違えると大変なことになりますので、注意が必要です。

 

絶対にしてはいけない菌ピタ君の乾燥方法とは?

 

先ほども述べましたが、菌ピタ君は天日干しして乾燥する事(外に干すことが出来ない場合は、陰干し)で湿気を外に放出して半永久的に使用することが出来ます。これが、備長竹炭の最大のメリットなんですよね!

 

メリットがあればデメリットもあるわけですが、菌ピタ君のデメリットは火を使っての乾燥は厳禁だという事です。

 

菌ピタ君の素材は(表面:アクリル100%、中材:備長竹炭100%、裏面:ポリエステル100%)となっています。素材自体が非常に燃えやすいので火気厳禁だという事を忘れずに使ってくださいね!!

 

使用上の注意事項にもハッキリと記載されていますので、お願いします。

 

もう1点注意事項を述べておきますと、長時間水に浸けての揉み洗いや石鹸や合成洗剤の使用には注意が必要です。これらは、菌ピタ君の型崩れの原因となる可能性があります。

 

ですので、汚れた場合はタオルなどで拭いたり軽く水洗いする程度に抑えたほうが良いですよ。

 

半年間使った菌ピタ君を洗濯機で洗ってみた実験をやってみたのですが、残念な結果となってしまいました。あなたには同じような過ちはしてほしくありませんので、必ず使用上の注意事項を読んで正しく菌ピタ君を使って頂きたいと思います。

 

清潔に正しく使えば3ヵ月から半年は使えますので、1日当たりのコスパを考えたらスゴイ事なんですよね。まだ試していない方は菌ピタ君を使ってみる事をおすすめします。